ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4


トルコリラ特集

トルコ現地リポート!トルコ経済の先行きと宗教2016-03-17 15:01

トルコ経済は海外からの直接投資に依存している面があることは事実かと思います。しかし、ここ最近の治安の悪化や経済状況などを背景に、非常に難しいかじ取りを迫られているようです。この点を現地からレポートしてもらいました。

現状の懸念点として、今後ビジネスにおいて、国内経済悪化を理由に外国企業との契約を正常に履行しないケースが出てきそうで世界から信用を失うことで更なるキャピタルフライトが起こり、経済が破城する可能性があること、と指摘してます。

また、以前のAKPは経済が順調なせいか建国の理念に合致した世俗主義的でしたが、ここ数年は宗教(イスラム教スンニ派)に根ざした発言が増え、モスクも公金でたくさん建てています。このままエスカレートすると、今まで目立たなかった宗派対立が表面化して内戦に発展しないか心配。まあ、これは他の他の中東諸国も一緒で、中東全体が混沌とならないか心配、とのことです。

宗教に関してはやはりなかなか難しい問題であり、一朝一夕に解決できる問題ではありません。しかし、トルコは今までは比較的うまく宗教色を隠してきたのですが、ここにきてそういった状況でなくなってきているのはやはり懸念されるべき問題でしょう。

昨今トルコの情勢も日本で報道されるようになり、特にテロ等での治安への懸念から今年も日本人観光客は大幅に減ることが予想され、先行きにとても悲観的といった話をしていました。


出典:cappadociapress(http://cappadociapress.net/)