ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4


トルコリラ特集

トルコ密航に対する複雑な新しい規制を施行2016-03-22 05:21

トルコは、人身売買に対する新たな規制を公式に施行しているが、これは違法な方法でヨーロッパに向かう難民たちの流れを押しとどめようとする対策の一環である。 
 
内務省が準備し、3月17日に官報に発布されたこの規制は、外国人の犠牲者たちに居住を許可し、生活支援サービスを提供するのと同様に、密航を止めさせるための原則と手続きを規定することを目的としている。
 
この規制は、欧州委員会の「移民密輸に対する行動計画」に沿って用意され、トルコと外国の人身売買の犠牲者を対象としている。
 
規制の一環として、違法な(人間の)密輸と戦い、やめさせるための作業実施と政策と戦略策定のため委員会が形成され、行動計画の立案と公的機関と、国際機関とNGO間での協力を維持していく。
 
最高裁判所と法務省、労働省、国家諜報機関、沿岸警備隊、トルコ弁護士会の代表が含まれる委員会は毎年2月に組織される。
 
 緊急コールセンターと、報告編集センターは、内務省管轄の元、主体機関として移民管理総局により運営される。
 
これらのセンターを通じて得られた通告に関しては刑事訴訟法の枠内で活動が行われる。
 
 規制の内容によると、これらのセンターで共有される個人情報は活動を行う当局を除く他の期間とは共有されることはない。
 
人身売買の被害者であると疑われる人々は、捜査や刑事告発の結果を待たずに被害者と断定される。
 
県庁もまた、被害者がトラウマから回復するのを助け、捜査当局に協力するかどうかを決めさせるため、被害者と疑われた外国人に1カ月間の居住許可を与えるという。
 
被害者が最初の居住許可が終了した後にトルコに留まることを望めば、移民管理総局によって運営される施設に収容される。
 
この施設は24時間週7日稼働しており、肉体的、精神的慮法の治療を受けることができる。
 
施設の住所は秘密とされ、移民管理総局と、警察官を含む施設で業務に従事する人物はこの機密を守ることを義務づけられて業務に従事する。
 
新しい規制では、また、被害者に対して一時的な資金援助も目的としており、人身売買の外国人被害者はすべての国営の健康機関で保険料を免除されるという。


出典:cappadociapress(http://cappadociapress.net/)