ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

初めてのFX

スプレッドとは...

ところで、テレビで1ドルが99.99円~100.01円となっていたが、何故価格が2つもでているのじゃ?

それはスプレッドと申しまして、お客さんが1ドルを買う際には100.01円、1ドルを売る際は 99.99円といったように差をつけているのです。この差のことをスプレッドと言います。

FXは基本的には相対取引、つまり当事者同士が自由に取り決めをして取引を行うものとなっています。その際にFX会社は相手が買う際には高いレートを、うるさいには安いレートを提示して、その差額を収益として得ています。

上の例では100.01円と99.99円の差額2銭がFX会社の1ドルあたりの利益となるわけです。つまり、このスプレッドが広ければ広いほど投資家にはコストが掛かることになり、狭ければ狭いほど投資家は有利な環境で投資ができることになります。

このように表示されることが多く、この場合、ドルを買う際は97.42円、売る際は97.40円、スプレッドは2銭、という事になります。また、投資家が買う際の値段のことをaskもしくはoffer、投資家が売る際の値段のことをbidと言います。

最近はそのスプレッドが非常に狭い会社も出てきています。