ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

初めてのFX

スワップとは...

実際取引をしてみたんじゃが、スワップポイントというものが差し引かれていて、利益が減っていたのじゃが?

それは各通貨ごとの金利差を調整しているのです。

FXとは通貨の交換であり、2つの国の通貨の間に金利差が生まれます。例えば、日本は低金利政策を長いこと採用していますが、豪ドルなどは比較的金利の高い国の通貨となっています。 この通貨間の金利を調整する必要があるわけですが、それをスワップによって行なっているわけです。

例えば、日本の銀行に100万円を預けておくとします。金利が0.1%だったとすると、1年間で1000円の利息がつきます。その100万円を豪ドルに交換するとしましょう。仮に豪ドル円のレートが1豪ドル80円とすると、12500豪ドルと交換することができます。豪ドルの金利が5%と仮定すると、1年間で利息が625豪ドルとなります。為替レートが 変わらないと仮定すると、年間で5万円の利息ということになります。これを一日ごとにならした額、(50000-1000)÷365≒134円がスワップポイントとして日々調整されることになるわけです。

この際、日本円を豪ドルと交換した場合はスワップポイントを獲得し、豪ドルを日本円と交換した場合はスワップポイントを払うことになります。スワップポイントの払いや受けは日本時間朝方に行われていますが、その基準と なる時間をまたがない限りスワップポイントの受け払いは行われません。

スワップポイントは各社によって違いがあります。基本的に払いが多くなっており、 ここもFX会社の収益源ということが出来るでしょう。極端に売りと買いのスワップに違いがある会社は避けたほうが無難でしょう。