ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

お知らせ

メールマガジンにつきまして2012-01-09 10:49

 

来週からメールマガジンを配信する予定となっております。毎週日曜、夜に配信を行う予定です。内容としては下記のような感じで行う予定です。今回はサンプルとして皆様に公開いたしますが、今後は会員様限定のものとなりますので、登録されていない方は、これを機に是非、会員登録をしていただければと思います。

 
会員登録はトップページ左側の会員登録のバナーをクリックして頂き、登録フォームをご記入してください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このメールは、ファイナンスコンシェルジュ( http://www.f-concierge.jp )に会
員登録されてる方専用のメールマガジンです。
 
■-------------------------------------------------------------------------
 
 週刊 Finance Concierge メールマガジン 第1号
 
 http://www.f-concierge.jp/
 
-------------------------------------------------------------------------■
 
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
◎米雇用統計で、失業率が改善!米国に資金流入傾向続く!               ◎
◎全体的にリスク志向の動きが強まる中でユーロ安継続!                 ◎
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
 
【目次】===================================================================
 ●今週の主だったの発表、経済指標 
 ●今週のマーケット
 ●今週のブログ       
 ●来週の展望
 ●編集後記
========================================================================
 
こんにちは、ファイナンスコンシェルジュの大塚亮です。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
メールマガジン第一回目ということですが、今後も毎週書いていこうと思っていま
すのでよろしくお願いします。
 
一年の計は元旦にあり、とよく言われますが、皆様は今年の目標を立てられました
か?個人的には相場での的中率をあげていくことが目標です。今年は米国を始め、
各国で選挙が行われ、トップが変わるかもしれません。米国は大統領選挙に向け、
アイオワ州で共和党の党員集会が行われました。勝利したのはロムニー氏でしたが、
その他の候補者とも接戦であり、共和党の大統領候補が誰になるのか、予断を許さ
ないところです。
 
大統領選挙の共和党候補者の予想を編集後記で書いてありますので、
そちらの方も是非ご覧になっていただければと思います。
 
それでは「週刊 Finance Concierge メールマガジン」最後までお楽しみください。
 
■今週の主だったの発表、経済指標============================================
 
独:12月 失業率(前回)6.9%  (予想)6.9%   (結果)6.8%
米:12月 ISM製造業景況指数(前回)52.7(予想)53.4(結果)53.9
欧:12月 消費者物価指数(前回)3.0% (予想)2.8% (結果)2.8%
独:11月 小売売上高(前回)0.7% (予想)0.2% (結果)-0.9%
米:12月 ADP雇用統計(前回)20.6万 (予想)17.8万 (結果)32.5万
米:前週 新規失業保険申請件数(前回)38.1万 (予想)37.5万 (結果)37.2万
米:12月 ISM非製造業景況指(前回)52.0 (予想)53.0 (結果)52.6
欧:11月 小売売上高(前回)0.4%(予想)-0.4% (結果)-0.8%
米:12月 非農業部門雇用者数(前回)12万(予想)15.5万 (結果)20万
米:12月 失業率(前回)8.7%(予想)8.7% (結果)8.5%
 
■今週の市場=============================================================
 
ダウ30種平均:12359.92(142.36)
原油:101.56(2.73)
金:1616.80(50.00)
米10年債:1.96(0.08)
ユーロドル:1.27193(-0.02265)
VIX指数:20.63(-2.77)
 
 
今週は米国の雇用統計が金曜日に発表されるということで、それに対する警戒感が高
まる一週間となりました。前回の雇用統計において、失業率が大きく改善され、それ
が逆に今回の雇用統計に対する警戒感、つまり改定値で悪くなる、もしくは今回の結
果自体が悪くなる、との思惑を強める結果となりました。しかし、ADP雇用統計がか
なり強い数字になったことで、リスク志向の動きが強まる展開となりました。週末の
雇用統計は結果として予想を上回るものとなりました。雇用はFRBを始め、警戒して
いる所ではありますが、現状を見るかぎり改善傾向を強めるものとなっています。
 
また、原油価格が100ドルを突破しての動きとなっています。中東の地政学的リスク
の高まりを受けて堅調な動きとなっていますが、株価がしっかりとした動きとなって
いることも原油価格の下値を支える状況となっています。そして、年が変わって、
金価格に底打ちの気配が見え始めています。リスク回避的な動きから、換金売りが
強まっているとの話もありましたが、2012年に入ったことでそういった流れが終了、
買い戻しの動きが強まると言った展開となっているのかもしれません。ただ、金に関
しては正月用の需要がアジアから出ているとの話もあり、季節要因の可能性も否定で
きず、まずは様子見といったところもありそうです。
 
VIX指数で見ると低下傾向が顕著であり、平時と言われる20割れ目前の水準です。かな
り強いリスク志向ということができそうです。米経済の好調を受けて市場には楽観的
なムードが高まっています。その一方で、米国債は利回りが上昇したものの、依然と
して2%を下回る局面が続いています。欧州債務問題が意識され、安全資産としての
米国債という地位は現状ではまるで揺るがないといった所となっています。
 
その一方で、為替相場は急激なユーロ売りが継続しています。対ドルで一時1.27ドル
を割り込む動きを見せるなど、状況は依然として厳しい所です。欧州各国で利下げが
行われるのでは、といった思惑が強まっている中で、ユーロから資金を引き上げる動
きが強まっています。未だもう少しユーロには下げ余地がありそうな状況となってい
ます。
 
■今週のブログ==============================================================
 
2012年は・・・   :http://fconcierge.blog.fc2.com/blog-entry-65.html
2012年の商品価格  :http://fconcierge.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
QE3         :http://fconcierge.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
リスク回避だけでなく:http://fconcierge.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
これは・・・?   :http://fconcierge.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
米雇用統計     :http://fconcierge.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
 
■来週の展望===============================================================
来週は日足で見ると、ドル円が上値は重いものの、上値余地を残しての動きとなって
います。バンドの下限から上昇してきており、中心線を目指す格好です。上値が重く
回復しきれない可能性もありますが、RCI短期線も底打ちから上昇となっており、目
先はしっかりとした動きが期待できます。バンドの中心線は77.63円前後の水準です。
ただ、RCI中期線は下落基調にあることからバンドの中心線を突破しての上昇、とい
った動きにはなりにくいでしょう。中長期的には再度バンドの下限を試しそうな、あ
まり状況としては良くない所ではあります。
 
ユーロドルはバンドの下限をブレイクしての動きであり、ここからバンドウォークと
なるのかどうかに注目が集まります。バンドの上限は下落基調にあることから、戻る
可能性も十分にありますが、逆にバンドの上限が上昇に転じるようだと、RCIの形も
良くないことから、大きな下落となる可能性が高まるでしょう。RCI短期線が下値圏
での動きとなっていることから、これが底打ちから反転といった動きになるかどうか、
このあたりに注目が高まるでしょう。一時的に戻す可能性もありますが、買いはかな
り危険ということが出来るでしょう。RCI中期線が下値圏での動きを続けていること
から、戻り売りを狙ったほうが無難ということになるでしょう。
 
雇用統計が通過し、材料が出尽くし感が高まる中で、ドル買いがどの程度続くのか、
その点には懐疑的な見方をしていますが、格付けの問題もあり、依然としてユーロの
買いはやりにくい所ではあります。買いに関してはレバレッジを低くするなど、リス
ク管理が重要となりそうです。
 
■編集後記=================================================================
第一回のメルマガはいかがだったでしょうか。今後も少しずつ改良しながらやってい
きたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 
さて、米国の大統領選挙ですが、共和党はアイオワ州でも勝利したロムニー氏が有力
視されています。前回の大統領選で2位の候補が次回の大統領選挙に出場する、とい
うジンクスがあることもあり、そういったことを考えても可能性は高いでしょう。
 
ロムニー氏は比較的民主党に近い政策といった話もあり、ティーパーティなどは反発
もあるといった状況ではありますが、ティーパーティの進出自体に共和党から反発も
あり、それがロムニー氏には追い風となっています。
 
現状の米国の経済は好調であるとはいえ雇用が依然として高止まりする中で、オバマ
氏の再選は難しいのでは、と言われています。となると、共和党候補が次期大統領と
なる可能性が高いということになるでしょう。現状ではロムニー大統領の誕生の可能
性が高まっているといえるでしょう。
 
【注意事項】----------------------------------------------------------------
ファイナンス・コンシェルジュが提供する情報はお客様の投資に関する断定的判断を
提供するものではなく、情報提供のみを目的としており、いかなる金融商品に係る売
買も勧誘するものではありません。また当方はその内容に関して一切の責任を負うも
のではありません。お客様の資産運用および取引についての最終判断はお客様ご自身
の判断と責任に委ねられています。提供する情報は、その正確性、完全性および信頼
性について、それらを保証するものではなく、その情報により生じた損害に関して、
それがいかなる状況下で生じた場合であっても、当方は一切責任を負うものではあり
ません。当コンテンツのご利用に際しては、これら事項につきましてご了承いただく
とともに、ご自身の責任と判断によってご利用いただくようお願いいたします。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- Finance Concierge --------------------------------------------------------
 
発行:ファイナンス コンシェルジュ 大塚亮
 
〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西2-4-12-806 HP :http://f-concierge.jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━