ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

マーケットコメント

ドル円30分足2018-11-15 18:51

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。
 
現状はバンドの下限から中心線まで押し戻したものの、そこから再度下落して下値圏まで下落し、そのままバンドブレイクからバンドウォークといった動きになっています。ただ、バンドの上限は横ばいからじり高であり、ここからさらに下値を拡大するかとなると不透明感もあります。逆にバンドの上限の上昇基調が強まればバンドウォークの動きが強まるので、その点は注意しておきたいところです。
 
RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落し、下値圏での動きです。売り圧力が強まる展開です。ただ、下落の勢いが強いのであっさり底打ちから持ち直しといった動きになる可能性もあるでしょう。一方、中期線は下落基調で下値圏に入っています。中長期的には上値の重さが意識されやすい状況であり、一時的に押し戻しても上値は抑えられやすいでしょう。
 
----------------------------------------------------------------------------------
 
 
文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します