ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

FX戦略室

2月6日のFX戦略2018-02-06 07:04

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株が1000ドル以上の急落となって引けています。一時下げ幅は1500ドルを超えており、24000ドルを割り込む展開です。一時持ち直して下げ幅も1000ドルを下回ったのですが、引けにかけて再度売り圧力が強まる流れとなっています。ISM非製造業景況指数などは市場予想を上回ったのですが、調整の動きが意識されて上値の重い展開となり、その後下げ幅を拡大するにつれてストップを巻き込んでの動きとなりました。リスク回避的な動きが強まり、VIX指数は一気に倍以上の数値となっています。また、米国債利回りも急落しており、債券に対する買戻しが急速に進んでいます。ただ、ドルインデックスはしっかりとした動きとなっています。その一方、円はリスク回避的な動きが強まったことなどを背景に、買い優勢の流れとなっています。ドル円は一時109円を割り込む動きを見せており、警戒感が強まっています。

こうした動きを受けて、今日の東京市場は株価が急落するものと思われます。ストップなどを巻き込んだ動きとなる可能性もあるので、注意が必要な状況です。ダウが1000ドル超の下落、さらにドル円も109円台前半での動きとなっていることを考えると、日経平均が1000円近く下げてもおかしくはありません。ただ、日経平均に関しては昨日の段階で大きく下げていることもあり、そこまでの下落とはならない可能性もありそうです。とはいえ、現状では大幅下落は避けがたく、リスク回避的な動きが意識されそうです。こうした流れを受けて、ドル円に関しても上値は重いでしょう。今のところ109円台は維持していますが、上値の重い展開が予想されるところであり、108円台での推移となる可能性は高そうです。

------------------------------------------------------------------------------------

文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します。