ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

FX戦略室

3月2日のFX戦略2018-03-02 07:29

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが大幅下落となって引けています。朝方は買い戻しの動きが意識されましたが、トランプ米大統領が鉄鋼などに関税を賦課すると発言し、貿易摩擦の激化に対する警戒感が強まり株価を大きく押し下げました。ダウは一時500ドル超の下落となり、そこからは若干押し戻されたものの400ドル超の下落となって引けています。先行きに対する警戒感が強まる中、FRB議長やNY連銀総裁、各国首脳から批判・反発が強まっており、今後の展開に注目といったところではないでしょうか。そうした中で為替相場はドル円が売られており、リスク回避的な動きが強まりました。

こうした動きを受けて、今日の東京市場は株価が大幅に下落する展開となりそうです。米株の大幅安やドル円の軟調が嫌気される展開となりそうです。鉄鋼などへの関税賦課に関しては日本としても影響は避けられず、株価を押し下げる要因となりそうです。ドル円が106円台を維持することが出来れば多少の買い戻しが見られる可能性もありますが、リスク回避的な動きが強まる中での買い戻しの動きは限定的なものとなりそうで、日経平均は大幅安となりそうです。ドル円に関しても106円を割り込む可能性は十分に残っており、警戒感が強まりそうです。週末ということもあり、調整の動きもありそうですが、上値は重そうです。


------------------------------------------------------------------------------------

文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します。