ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

FX戦略室

4月10日のFX戦略2018-04-10 07:40

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は上昇しての引けとなっています。米中の貿易摩擦に対する警戒感が和らいだことで、買戻しの動きが意識されています。ただ、引けにかけては調整の売りが強まり、上げ幅を縮小しています。リスク志向の動きは強まっておらず、逆にVIX指数などはプラス圏に転じての引けです。こうした動きを受けて、ドル円なども上値が重く、106円台半ばから後半へと押し込まれています。ドルに対する売り圧力がくすぶる中で、先行きに対する警戒感が強まる展開と言えそうです。

こうした動きを受けて、今日の東京市場は株価の上値が重い展開となるのではないでしょうか。米株はプラス圏での引けとなったものの、ドル円の上値の重さや、引けにかけて売り圧力が強まった点などが嫌気されそうです。ただ、積極的に売り込むには材料不足ではないかと思われるところです。米株もプラス圏では引けているので、それを好感しての買いも散見されるのではないでしょうか。為替相場はドル円は上値は重そうですが、106円台半ばを割り込んで売り圧力が強まるといった展開も想定しにくいところです。もちろん、米中の貿易摩擦に対する警戒感が強まればリスク回避的な動きが強まることが想定されますが、そういったことがない限りは方向感を見出しにくい状況ということになるのではないでしょうか。


------------------------------------------------------------------------------------

文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します。