ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

FX戦略室

5月11日のFX戦略2018-05-11 07:30

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。
 
まず、昨日の動きですが、米株は大きく上昇しての引けとなっています。米国の消費者物価指数が市場予想に届かなかったことで利上げに対する思惑が後退する一方、新規失業保険申請件数は市場予想を下回ったことで景気の先行きに対する期待感が意識されました。ダウは一時200ドル超の上昇となるなど、リスク志向の動きが強まりました。引けも200ドル弱の水準を維持しており、買い意欲が意識されています。ただ、ドル円は上値を抑えられています。米国債利回りに調整の動きが意識されたことで、ドルに対する売り圧力が意識されている状況です。ドル円は110円を付けてから抑えられる展開で、現状109円台半ばで推移しています。
 
こうした動きを受けて、今日の東京市場は株価が上値の重い展開となるのではないでしょうか。米株はしっかりしているので下値は支えられそうですが、ドル円の上値の重い展開が警戒されるのではないでしょうか。調整の動きも意識されそうで、買い意欲は強まらないのではないかとみています。とはいえ、ダウが200ドル弱上昇している局面であり、売り圧力も強まらないでしょう。プラス圏で推移する可能性も十分にあり、日中は方向感の見えにくい展開となるのではないでしょうか。一方、ドル円は上値の重さが意識されるのではないでしょうか。110円が目先の高値として意識されてしまっており、買い意欲が強まりにくいのではないかとみています。米10年債利回りも3%が壁となっており、のびを欠いている状況となっていることを考えると、ドルも目先は伸び悩みそうです。
 
 
------------------------------------------------------------------------------------
 
文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します。