ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

FX戦略室

11月30日のFX戦略2018-11-30 08:30

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。
 
まず昨日の動きですが、米国株はダウがマイナス圏で引けています。FOMC議事要旨を受けて一時プラス圏に浮上する場面もありましたが、前日の大幅上昇に対する調整の動きが意識されて上値を抑えられ、小幅に下落しました。積極的に売り込む展開にはなっておらず、米国の金融政策の先行きに対する思惑からリスク志向の動きは依然としてくすぶっている状況です。為替相場は米国債利回りの低下などを受けてややドル売りが意識されています。ただ、EU離脱交渉の先行きに対する懸念からポンドに対する売り圧力が強まっており、反射的なドル買いがドルの下値を支えています。とはいえ、積極的にドルを買うといった動きにはなりにくいところであり、ドル円も上値は重いでしょう。
 
こうした動きを受けて、今日の東京株式市場はやや上値の重い展開となるのではないでしょうか。ダウの小幅下落やドル円の上値の重い展開などを眺めて調整売り圧力が意識されそうです。米経済の先行きに対する警戒感は和らいでおり、下値を拡大する動きにはならないのではないかとみています。ドル円に関してはやや警戒感が残るところですが、113円台は維持できるのではないかとみています。
 
------------------------------------------------------------------------------------
 
文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します。