ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4

FX戦略室

12月12日のFX戦略2018-12-12 08:26

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。
 
まず昨日の動きですが、米国株はダウが下落して引けています。米中貿易摩擦に対する警戒感が和らいだことなどが意識され、一時350ドル超の上昇となりましたが、米政府機関の閉鎖に対する警戒感が高まったことで売り圧力が強まりました。一時200ドル超の下落となりましたが、引けにかけては若干持ち直しています。かなり荒い動きとなっており、先行きに対する警戒感も強まっています。また、EUからの離脱に関して英国の政局不安が高まっており、リスク回避的な動きが強まりやすい状況です。ただ、ポンドに対する売り圧力が強まる中、反射的にドル買いが展開され、ドル円は堅調地合いとなりました。
 
こうした動きを受けて、今日の東京株式市場は方向感の見えにくい展開となるのではないでしょうか。ダウが下落する一方でドル円は113円台での推移となっており、様子見ムードが強まる可能性もありそうです。ただ、ドル円の上値は望みにくく、リスク回避的な動きが意識されやすい状況ではないかとみています。先行きに対する不透明感は高まっており、ポジション調整の動きが意識されやすく、大きな動きにはなりにくいのではないかとみています。
 
------------------------------------------------------------------------------------
 
文責:株式会社コンシェルジュ 大塚亮
FXの取引は損益の生じる取引です。FX等取引を行う際にはお客様自身の自己責任でお願い致します。