ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4


トルコリラ特集

日本とトルコ

日本とトルコは歴史的に見て浅からぬ関係があります。それは1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件にあるとされています。エルトゥールル号遭難事件とは、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号が、現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件のことです。この時に通報を受けた大島村(現在の串本町)樫野の住民たちは、総出で救助と生存者の介抱に当たり、生存者たちの救護に努めた結果、樫野の寺・学校・灯台に収容された69名が救出され、生還することができました。また、明治天皇は、政府に対し、可能な限りの援助を行うよう指示しており、これらのことがトルコの人に親日的な印象を与えたとされています。ただ、現在はエルトゥールル号遭難事件に対する知名度は低下しており、日本の経済協力案件である第2ボスポラス大橋や、マルマライ計画より、認知度は低くなっています。

逆に1985年のイランイラク戦争時、イラン在住の日本人の脱出に際し、トルコの援助があったことが知られています。これはイラクのフセイン大統領がイラン上空の航空機に対する期限を定めた無差別攻撃宣言を行った時、当時の日本は自衛隊の海外派遣不可の原則のために、航空自衛隊機による救援が出来ず、日本航空も航行安全の保証がされない限り臨時便を出せない、としていました。危機的状況に際し、イランの駐在大使がトルコの駐在大使に窮状を訴えたところ、エルトゥールルの遭難の際に受けた恩返しをすると答え、トルコ航空へ自国民援助のための最終便を増やしてもらい、期限ぎりぎりでイランを脱出することができた、という出来事です。

これらの事件などを背景に、日本とトルコとの関係は良好とされています。