ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4


トルコリラ特集

裁定取引とは?

トルコリラは現状では裁定取引が可能です。裁定取引ではノーリスク、もしくは非常に低いリスクで利益を上げることができます。ここでは裁定取引とは何かについてみていきたいと思います。

裁定取引とは、同じ価値を持つ商品の価格差を利用して利ザヤを稼ぐ取引のことを指します。わかりやすく、例で使ってみましょう。

ここに大根があったとします。A店では大根1本100円、B店では1本200円だったとします。この場合、A店で大根を買ってきて、B店で売れば100円の利益となります。これが同じ価値を持つ商品(この場合は大根)の価格差(100円か200円か)を利用して利ザヤ(200-100=100)を稼ぐ取引ということになるわけです。今回の例では実際問題として、B店のほうが大根が大きかったり、A店のほうに傷がついていたりして価格差が生まれているため、同じ価値というわけにもいきませんが、全く同じもので、何らかの理由によって価格差が生じるということがあります。そのタイミングで利益を狙う取引を裁定取引といいます。

この裁定取引、うまくいけばノーリスクで利益を上げることができそうです。しかし、全くリスクがないわけではありません。大根の例をもう少し複雑にしてみましょう。

A店は大根を100円で、B店は大根を200円で売っています。A店は大根を80円で、B店は180円で仕入れていたとしましょう。A店とB店は多少距離があり、輸送に20円かかるとしましょう。この場合であっても、A店から100円で仕入れ、B店に20円かけて輸送し、B店に180円で売れれば60円の利益となるわけです。

しかし、ここで問題が起こります。B店が他の安いところから仕入れができるようになり、仕入れ価格が180円から130円に下がってしまいました。さらにガソリン価格の上昇により輸送コストが20円から50円になってしまいました。すると、A店から100円で仕入れた大根をB店に50円かけて輸送し、B店に130円で売るということになり、逆に20円の赤字ということになってしまいました。

このように価格は絶えず変動するものであり、絶対に利ザヤが取れるというものではありません。しかし、タイミングさえ逃さなければ、比較的リスクを抑えて利益を目指すことができるのが裁定取引のメリットといえるでしょう。