ファイナンス コンシェルジュ

RCI
ファイナンスブログ
シストレと言えばアヴァトレード MT4


トルコリラ特集

FX裁定取引のリスク

スワップポイントを使っての裁定取引は相場が上がろうが、下がろうが利益を目指すことができるということを前回お話ししましたが、いくつか注意すべきポイントがあります。

注意すべき最大のポイントはスワップポイントの変更です。これは相対取引である以上仕方ないところではあるのですが、スワップポイントが変更されることで価格差がなくなってしまったり、逆に不利になってしまうことが考えられます。そうなった場合は裁定取引そのものを終了させる必要があるでしょう。

そのほかの注意すべきポイントとしては、価格の急変による証拠金不足が発生することでしょう。裁定取引は全体で見れば価格変動リスクをゼロにすることが可能です。しかし、証拠金を預けている会社が別であるため、一方の会社では利益が出ていても、もう一方の会社では損が拡大しているということがあり得ます。そして、損が拡大している口座でロスカットに引っかかってしまい、裁定取引自体が自動で解消されてしまうということがあり得ます。

主にこの二つが裁定取引を行う際のリスクです。しかし、これは非常に簡単に回避することができます。基本的にスワップポイントは多くても一日に一度しか変更されません。また、価格の急変に対応するために、証拠金をやや多めに入れておいたり、OCO注文を買い方、売り方両方に入れておくというのも緊急避難的には有効でしょう。(ただ、OCO注文は万全ではありません)

この取引は利益は大きくありませんが、高い確率で利益を積み上げることができます。中長期的な運用ではありますが、ポジションを大きくすることで利益を大きくすることも可能ではあります。(もちろん、注意すべき局面で立ち回りを失敗すればリスクも大きくなりますが)