発行枚数

仮想通貨の中には発行されるコインの枚数が決まっているものがあります。例えばビットコインは2100万枚と決められており、2140年頃に発行が終了すると考えられています。また、リップルは1000億枚発行されており、これ以上の発行はありません。また、イーサリアムのように発行枚数が決まっていないものもあります。

ただ、ビットコインにおいて発行上限を変更すべきではないかといった議論がなされてことがあります。これに関しては技術的には可能ですが、その希少性が価値の源泉であるといった考え方があるため、十分な賛成が得られるかは今後の展開次第ということになりそうです。


一覧に戻る

最近の記事

  1. 東京市場戦略
  2. 東京市場戦略
  3. 東京市場戦略
  4. 東京市場戦略
  5. 東京市場戦略
  1. FX

    東京市場展望
  2. FX

    ドル円30分足
  3. 動画

    週間相場分析(20200531)
  4. FX

    ドル円30分足
  5. コラム

    仮想通貨(暗号資産)『リブラ』の今後
PAGE TOP