FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限から持ち直し、一時中心線で抑えられる場面もありましたが、-1σで支えられて再度上昇に転じ、バンドの中心線を抜けてバンドの1σまで上昇する流れです。ただ、1σで抑えられており、目先は上値の重さが意識されています。バンド幅が縮小傾向であり、目先は大きな動きとはなりにくい状況です。狭いレンジでの動きが意識されそうで、様子見ムードが強まるでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れていましたが、再度上昇して持ち直しています。高値圏での動きとなっており、買い優勢の流れということができるでしょう。一方、中期線は下値圏での動きからじり高となり、下値圏から外れてきています。先行きに関しては下値を支えられそうですが、目先はまだ上値の重さが意識されそうです。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. 東京市場戦略
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場戦略
  5. ユーロドル30分足
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    ユーロドル30分足
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. FX

    ユーロドル30分足
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP