FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限をブレイクし、バンドウォークする展開となっています。バンドの上限は下落基調から上昇に転じており、バンド幅の拡大基調が強まっており、ここからさらにバンドウォークから下値を拡大といった動きになる可能性もあるでしょう。バンドの上限の動きに注意しながらではありますが、安易な押し目買いは危険でしょう。

RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいです。これが底打ちから上昇といった動きにならない限りは売り優勢の流れが継続するでしょう。一方、中期線は下落して下値圏での動きです。これがすぐに底打ちといった動きになる可能性は低く、中長期的には上値の重さが意識されるところです。短期線が底打ちから持ち直しても、戻り売りに上値を抑えられやすいでしょう。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場戦略
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    東京市場戦略
  2. FX

    東京市場戦略
  3. FX

    東京市場戦略
  4. FX

    東京市場戦略
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP