FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限と中心線で挟まれたレンジを動いています。狭いレンジでの動きで、方向感の見えにくい展開です。ただ、上値の重さは意識されており、バンド幅の縮小傾向を考えると先行きに対する警戒感が強まる展開です。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での横ばいとなっています。これが底打ちから上昇といった動きとなるかどうかで流れが変わってきそうです。下値圏での動きを維持した場合、短期的な売りの流れが継続することになりそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されており、短期線が仮に底打ちから上昇となっても戻り売りに上値を抑えられやすいでしょう。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動…

  3. FX

    アナリストの活用法

    『OPEC石油輸出国機構が増産に踏み切りましたが、石油価格はどうなった…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 週間相場分析(20191117)
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    東京市場戦略
  2. FX

    東京市場戦略
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. FX

    ユーロドル30分足
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP