FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの上限をブレイクする動きから調整の動きが意識され、バンドの中心線まで下落してきています。ここで支えられるかがポイントとなりそうです。バンドの上限が下落して下限が上昇しているため、バンド幅は縮小傾向です。目先は大きな動きにはなりにくいのではないかとみています。状況としてはバンドの中心線で支えられて持ち直す動きとなりやすいのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。目先は底打ち気配となっており、このまま上昇基調を強めるかどうかに注目です。一方、中期線は高値圏での推移です。中長期的には底堅い動きが意識されやすい状況です。短期線の動き次第ではありますが、ここから持ち直す可能性が高いのではないかとみています。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    RCI分析

    大塚亮 RCI分析とは!相場の分析において、価格の上昇幅や下落幅に…

  3. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場戦略
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. 動画

    大塚亮 株式会社コンシェルジュ 代表取締役
  2. FX

    東京市場戦略
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. コラム

    仮想通貨(暗号資産)『リブラ』の今後
  5. FX

    ユーロドル30分足
PAGE TOP