FX

東京市場戦略

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、米株が小幅まちまちで引けています。ダウは一時600ドル近く下落しましたが、そこから持ち直しています。米中貿易摩擦に対する警戒感は依然として根強いものの、押し目買いや米国の利下げに対する期待感などが相場を下支えしています。ダウは小幅に下落となったものの一時はプラス圏に浮上する場面もあるなど、警戒感は高まっていません。米国債利回りもプラス圏に転じており、ドルも下げ渋る展開です。ドル円は106円台を回復しての動きとなっています。

こうした動きを受けて、今日の東京株式市場は底堅い動きが展開されるのではないでしょうか。ここまでの下落に対する調整の動きも入りそうで、リスク回避的な動きが一服する流れとなるのではないでしょうか。ただ、積極的に買い進むには材料不足であり、日中は上値の重さも意識されそうです。ダウは持ち直したとはいえマイナス圏で引けており、ドル円も106円台前半での推移です。積極的には動きにくい、様子見ムードが強まりやすいのではないかとみています。為替相場はドル円が106円台を維持できるかがポイントとなりそうです。現状では大きな材料が出なけば106円台は維持されるのではないかとみています。米国債利回りの持ち直しなどが意識され、ドル売り圧力は強まらないのではないかとみています。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場戦略
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. 動画

    週間相場分析(20190908)
  2. コラム

    極東アジアの地政学的リスクと統一朝鮮の可能性
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    東京市場戦略
  5. FX

    ユーロドル30分足
PAGE TOP