FX

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限をブレイクし、そのままバンドウォークとなっています。現状は下限からの乖離が大きくなっており、その修正が入る可能性はありそうです。ただ、バンド幅は急激に拡大しており、現状でもまだ拡大基調を維持しています。バンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークとなっているだけに、ここからさらに下値を拡大する可能性も十分にあるでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、下値圏に入っています。下落の勢いは強いのであっさり底打ちから持ち直しといった動きになってもおかしくはありません。一方、中期線は下落基調で高値圏から転落しています。中長期的には徐々に上値が重くなっていきそうで、流れの悪い状況が意識されています。短期線の動き次第ですが、短期線が底打ちから持ち直す動きを見せないとバンドウォークが継続されるので、その点は意識しておいたほうが良いでしょう。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場戦略
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    東京市場戦略
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    東京市場戦略
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP