FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの上限から調整の動きが入り、中心線を抜けて下限に到達したものの、そこでは支えられて目先は中心線を意識しての動きです。バンドの上下限中心線が横ばいとなっており、方向感の見えにくい、レンジ圏での動きが意識されやすい局面です。バンド幅は比較的狭いので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、現状はまだ動きにくいところです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。下落の勢いは強かったものの、目先は横ばいでの動きであり、短期的には売り圧力が意識される局面です。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配からじり安となっていますが、中長期的にはまだ下値の堅さが意識されやすい状況でしょう。短期線が押し戻せばバンドの上限まで上昇といった動きになりそうです。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドル円30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    アナリストの活用法

    『OPEC石油輸出国機構が増産に踏み切りましたが、石油価格はどうなった…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 週間相場分析(20191110)
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    ドル円30分足
  2. FX

    ユーロドル30分足
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. FX

    ドル円30分足
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP