FX

東京市場戦略

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、米株が大幅に下落しての引けとなっています。米中貿易摩擦に対する警戒感が強まり、株価を大きく押し下げています。ダウは一時400ドル超の下落となり、26000ドルを割り込む展開となっています。引けにかけては若干持ち直したものの、それでも300ドル弱の下落です。リスク回避的な動きが意識される中でドル円の上値も重くなっています。米国債利回りは低下していますが、ドルインデックスは底堅い動きが展開されました。米国債利回りに関しては2年債利回りが下げ幅を拡大したことで、10年債利回りとの逆イールドが解消されています。警戒感が強まっていただけに、この点は好感される可能性はあるでしょう。

こうした動きを受けて、今日の東京株式市場は売り圧力が強まるでしょう。米株の大幅安や円に対する買い意欲の強まりが懸念され、株価は下げ幅を拡大する可能性が高まっています。ドル円に関しては目先106円を割り込んでいますが、一時的には回復する可能性もありそうです。ただ、リスク回避的な動きが意識される中で上値の重い展開となるのではないでしょうか。市場全体に警戒感が強まる状況であり、株安・円高の動きがくすぶりそうです。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  5. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  6. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

最近の記事

  1. アナリストの活用法
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場戦略
  5. ユーロドル30分足
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    東京市場戦略
  3. 用語集

    ハッシュレート
  4. FX

    ドル円30分足
  5. お知らせ

    ホームページをリニューアルしました
PAGE TOP