FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限をブレイクしてバンドウォークする展開です。ただ、バンドの上限は上昇基調から横ばいへと変化しており、バンドウォークが継続するかは不透明です。バンドの上限の動きに注意しながらの対応となりそうです。ただ、トレンドは下向きですので、一時的に買い戻されても上値は抑えられそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での推移です。目先底打ち気配がみられていますが、上昇の勢いはまだ弱いといったところです。ここから上昇の勢いが強まっていくかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下落基調でそろそろ下値圏に入りそうです。中長期的には上値の重さが意識されるところであり、仮に短期線が上昇しても上値は重そうです。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場戦略
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. コラム

    米国の金融政策
  3. FX

    東京市場戦略
  4. FX

    東京市場戦略
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP