FX

ユーロドル30分足

ユーロドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限を意識しての動きで、バンドブレイクからバンドウォークとなっています。ただ、バンドの上限がほぼ横ばいであり、ここからさらにバンドウォークから下値拡大といった動きになるかどうかは不透明です。バンドの上限の方向感に注意しながらではありますが、一時的に調整の買い戻しが入ってもおかしくはないでしょう。

RCIで見ると、短期線は底打ちから持ち直す動きが一時見られましたが、目先はじり安で下値圏での動きが継続しています。短期的には売りの流れが意識されています。一方、中期線は下落基調から下値圏に入っています。中長期的には売り優勢の流れであり、仮に短期線が底打ちから持ち直しても上値は重そうです。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    アナリストの活用法

    『OPEC石油輸出国機構が増産に踏み切りましたが、石油価格はどうなった…

  3. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場戦略
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    ドル円30分足
  2. FX

    ドル円30分足
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. 動画

    大塚亮 株式会社コンシェルジュ 代表取締役
  5. FX

    ユーロドル30分足
PAGE TOP