FX

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの上限から調整の動きが入り、バンドの中心線を抜けて下限をブレイクする流れとなっています。ここからバンドウォークとなるかどうかに注目が集まります。バンドの上限はじり高基調であり、バンド幅は拡大しています。このままバンドウォークとなる可能性はありそうです。バンドの上限の方向感に注意しながらの対応となりそうです。

RCIで見ると、天井打ちから下落し、下値圏に入っています。この水準を維持することができるかどうかがポイントとなりそうですが、下落の勢いが強かったので、あっさり底打ちから上昇といった動きになる可能性はありそうです。一方、中期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れての動きです。中長期的には上値の重さが意識されていきそうで、短期線が底打ちから上昇となっても戻り売り圧力が意識されるのではないでしょうか。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場概況
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    東京市場戦略
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    アナリストの活用法
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP