FX

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限から持ち直し、一気にバンドの上限まで上昇する動きとなりましたが、そこで抑えられてバンドの中心線まで下落しています。バンドの上限と下限で挟まれたレンジでの動きとなっています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、方向感の見えにくいところです。とりあえずは様子見ムードが維持されるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となり、高値圏に入っています。上昇の勢いが強かったので、あっさり天井打ちといった動きとなる可能性はありそうです。一方、中期線は底打ちから上昇してじり高基調となっています。上昇の勢いが落ちているのが気になるところですが、上昇の流れが継続すれば底堅い動きが展開されるでしょう。中期線の方向感には注意しておきたいところかと思われます。

関連記事

  1. FX

    アナリストの活用法

    『OPEC石油輸出国機構が増産に踏み切りましたが、石油価格はどうなった…

  2. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  3. FX

    東京市場概況

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

最近の記事

  1. 東京市場展望
  2. 東京市場展望
  3. 東京市場展望
  4. 東京市場展望
  5. 東京市場展望
  1. FX

    ドル円30分足
  2. FX

    ユーロドル30分足
  3. コラム

    米国の金融政策
  4. FX

    ドル円30分足
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP