FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの中心線を意識しての動きから上限まで上昇し、バンドブレイクが展開されています。バンドの下限がじり安へと転じており、バンド幅の拡大を伴っていることからバンドウォークとなる可能性が出てきています。このまま上値を拡大する流れを視野に入れておく必要がありそうで、安易な戻り売りは危険でしょう。

RCIで見ると、短期線が高値圏での横ばいとなっています。この水準を維持することができるかがポイントとなりそうです。一方、中期線は天井打ちから下落していましたが、持ち直して再度高値圏に入っています。中長期的にも底堅い動きが意識されやすいとことであり、短期線が高値圏での動きを維持できれば上値を拡大しやすいところと言えそうです。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  6. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず…

最近の記事

  1. 東京市場戦略
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場戦略
  5. 東京市場戦略
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    東京市場戦略
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    ユーロドル30分足
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP