FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの上限を目指す動きが腰折れし、一時バンドの下限まで急落したものの、そこからは持ち直して目先は-1σを意識しての動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいであり、バンド幅も比較的狭い状況となっていることから、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要と思われます。ただ、現状ではまだ方向感の見えにくいところであり、レンジ圏での動きが意識されそうです。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落して高値圏から外れる動きです。このまま下落の流れを維持するかどうかに注目です。一方、中期線は持ち直し基調が腰折れしています。上昇の勢いも弱かったので、上値の重さが意識される状況です。再度下値圏まで下落といった動きになれば、中長期的にも上値の重さが意識されることとなりそうで、警戒感が強まるでしょう。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  4. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

最近の記事

  1. 東京市場戦略
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場戦略
  5. 東京市場戦略
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    ドル円30分足
  3. お知らせ

    ホームページをリニューアルしました
  4. FX

    ドル円30分足
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP