FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの上限と下限で挟まれたレンジを動いており、目先はバンドの上限まで上昇しています。ここをブレイクしてバンドウォークとなるかどうかに注目です。バンドの下限はじり安基調に転じており、バンド幅が緩やかに拡大しています。この流れが継続すればバンドウォークの可能性も出てくるでしょう。特にバンドの下限の方向感に注意しての対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏での推移です。この水準を維持することができるかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下値圏から持ち直し基調を強めています。まだマイナス圏での推移ですが、中長期的には徐々に底堅い動きが展開されることになりそうです。短期線が仮に天井打ちから下落となっても、底堅い動きが維持されそうです。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. 東京市場戦略
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場戦略
  5. 東京市場戦略
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    ユーロドル30分足
  3. マーケットコメント

    このサイトにつきまして
  4. FX

    東京市場戦略
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP