FX

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状は バンドの中心線を意識しての動きから売り圧力が強まり、一気にバンドの下限まで下落する動きとなっています。バンドブレイクからバンドウォークとなっており、ここあらにさらに下値を拡大するかに注目です。バンドの上限は上昇基調となっており、バンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークであり、売りの流れが継続する可能性は高そうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇して下値圏から外れていましたが、プラス圏に届く前に腰折れしています。再度下値圏に入りそうで、短期的には売り優勢の流れです。一方、中期線は天井打ちから下落し、マイナス圏に入る動きです。中長期的にも上値の重さが意識されやすい形であり、先行きに対する警戒感が強まりそうです。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    アナリストの活用法

    『OPEC石油輸出国機構が増産に踏み切りましたが、石油価格はどうなった…

最近の記事

  1. 東京市場概況
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場概況
  5. ユーロドル30分足
  1. FX

    ドル円30分足
  2. FX

    ドル円30分足
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. FX

    ドル円30分足
  5. 動画

    週間相場分析(20191117)
PAGE TOP