FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状は バンドの上限をブレイクしてバンドウォークとなっています。ただ、上昇の勢いが強すぎて、上限からの乖離が大きくなっています。その乖離の修正が入る可能性はありますが、現状においてはまだバンドウォークが継続される可能性は十分に残っており、安易な戻り売りはリスクが高そうです。下落基調となっているバンドの下限の動きに注意しつつも対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落して高値圏から外れる動きとなっていましたが、プラス圏で下げ渋りから持ち直し、再度高値圏に入っています。短期的な買い意欲は根強く、この水準を維持することができるかどうかに注目です。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的には底型動きが意識されやすく、仮に短期線が下落に転じても下値は支えられそうです。短期線が高値圏での動きを維持した場合はバンドウォークの継続が意識され、上値を拡大しやすくなるでしょう。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    東京市場概況

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル/円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. 東京市場概況
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場概況
  5. ユーロドル30分足
  1. FX

    東京市場概況
  2. FX

    ドル円30分足
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    ユーロドル30分足
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP