FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限をブレイクしてバンドウォークとなり、下値を拡大する動きが展開されていましたが、そこからは持ち直す動きとなっています。バンドの上限が上昇から横ばいへと転じており、調整が入りやすい形となっていましたが、このまま上限が下落に転じた場合は調整の動きが意識されやすいものの、上値の重さが意識されて再度下落といった動きとなるでしょう。

RCIで見ると、短期線が下値圏での横ばいとなっています。これがいつ底打ちとなるかで流れが変わってきそうです。一方、中期線も下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されるところであり、仮に短期線が底打ちから上昇しても戻り売りに上値を抑えられる展開となるでしょう。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    東京市場概況

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  4. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  5. FX

    東京市場概況

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

最近の記事

  1. 東京市場概況
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場概況
  5. ユーロドル30分足
  1. FX

    ドル円30分足
  2. 動画

    週間相場分析(20200112)
  3. FX

    東京市場概況
  4. FX

    ドル円30分足
  5. FX

    東京市場戦略
PAGE TOP