FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの-1σと中心線で挟まれたレンジを動いています。目先はバンドの中心線を意識しての動きですが、上値の重さが意識されています。このまま下落に転じる可能性もあり、バンドの下限まで下落する展開が視野に入ります。バンド幅は縮小傾向であり、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要で、特に上値の重い展開からバンドの下限のブレイクには注意したいところでしょう。

RCIで見ると、短期線が下値圏での推移となっています。ただ、底打ち気配を見せており、このまま上昇基調を維持することが出来るかどうかに注目です。上昇の勢いが弱まっている点に注意したいところです。一方、中期線は下値圏での推移です。目先は底打ち気配からじり高ですが、中長期的には依然として上値の重さが意識される状況です。短期線の方向感に注意しながらの対応となりそうですが、まだ上値の重い展開が維持されそうです。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. 週間相場分析(20200531)
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場概況
  5. ユーロドル30分足
  1. マーケットコメント

    ユーロドル30分足
  2. FX

    ユーロドル30分足
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    東京市場戦略
  5. FX

    東京市場概況
PAGE TOP