FX

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限をブレイクしてバンドウォークする展開となっています。バンド幅の拡大基調が意識されており、ここからさらに下値を拡大する可能性も十分にあるでしょう。バンドの上限の上昇基調が継続されるかどうかに注目といったところではないでしょうか。これが横ばいから下落となったら調整が入りやすくなるでしょう。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落して下値圏での横ばいです。これが底打ちから上昇となるかどうかに注目です。一方、中期線は下落基調でそろそろ下値圏に入りそうです。上値の重さが意識されやすい状況であり、仮に短期線が底打ちから上昇となっても、中長期的には上値の重い展開となりやすく、戻り売りに抑えられそうです。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  2. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. 東京市場概況
  2. 東京市場概況
  3. 東京市場概況
  4. 東京市場概況
  5. 東京市場概況
  1. FX

    ドル円30分足
  2. 動画

    週間相場分析(20200315)
  3. お知らせ

    ホームページをリニューアルしました
  4. FX

    東京市場戦略
  5. コラム

    極東アジアの地政学的リスクと統一朝鮮の可能性
PAGE TOP