FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限を意識しての動きから持ち直し基調となり、中心線を目指す動きとなっています。売りの流れは一服したものの、バンドの上下限中心線は下落基調であり、上値の重さは意識されるでしょう。ただ、バンドの下限の下落の勢いは落ちており、徐々にレンジ圏での動きが意識されやすくなっていきそうで、調整の動きが入っても直近の安値は更新しない可能性はあるでしょう。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇し、下値圏から外れる動きです。このまま上昇基調を維持することが出来るかがポイントです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されそうで、一時的に押し戻しても戻り売りに抑えられる可能性が高いでしょう。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場概況
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    東京市場概況
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    東京市場概況
  5. 動画

    週間相場分析(20200503)
PAGE TOP