FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限から調整の動きが入って持ち直したものの、バンドの-1σで抑えられている状況です。バンドの上下限中心線が下落基調であり、トレンドそのものが下向きです。上値の重い展開が強まり再度バンドの下限まで下落して下値を拡大といった動きになる可能性はありそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇して下値圏から外れています。このまま上昇基調を維持できるかがポイントです。一方、中期線は下落して下値圏での推移です。上値の重さが意識されており、仮に短期線が上昇基調を維持しても、戻り売りに抑えられそうです。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  2. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    東京市場展望

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. 東京市場展望
  2. 東京市場展望
  3. 東京市場展望
  4. 東京市場展望
  5. 東京市場展望
  1. コラム

    平均時給の上昇
  2. FX

    東京市場概況
  3. FX

    ユーロドル30分足
  4. 動画

    週間相場分析(20200209)
  5. マーケットコメント

    東京市場概況
PAGE TOP