FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限をブレイクして下値を拡大する動きとなっています。107円を大きく割り込んでいますが、目先はバンドの下限からの乖離が大きくなったため、その調整が入っています。ただ、バンド幅は拡大傾向を続けており、ここからバンドウォークとなって下値を拡大する可能性は十分にあるので、バンドの上限の方向感を見極めながらの対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での推移です。底打ち気配はあるものの上昇の勢いは弱く、短期的にはまだ売り優勢の流れといったところです。一方、中期線は下落して下値圏での推移です。中長期的には上値の重さが意識されやすく、仮に短期線が底打ちから持ち直しても、戻り売りに上値を抑えられそうです。

関連記事

  1. FX

    東京市場概況

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  6. FX

    東京市場概況

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

最近の記事

  1. 東京市場概況
  2. 東京市場概況
  3. 東京市場概況
  4. 東京市場概況
  5. 東京市場概況
  1. コラム

    コロナウィルスと相場
  2. FX

    ドル円30分足
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    ドル円30分足
  5. FX

    東京市場概況
PAGE TOP