FX

東京市場概況

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、米株が売り圧力が強まり、ダウが450ドル安となっています。引けにかけて売り圧力が強まり、日中安値圏での引けです。経済データの悪化などに対する警戒感が強まり、下げ幅を拡大しています。調整の動きが強まる中、米国債利回りも低下し、ドル売り圧力も強まっています。ドル円は上値を抑えられていますが、107円台は維持しての動きです。積極的に売り込む展開にはなっておらず、様子見ムードが強まっています。市場全体としても引けにかけて米株は下げ幅を拡大しましたが、日中は大きな動きにはなっておらず、方向感の見えにくい展開が継続していました。

こうした動きを受けて、今日の東京市場は株式市場が軟調地合いとなりそうです。米株が引けにかけて下げ幅を拡大したことや、ドル円の軟調地合いを背景に下値を拡大しそうで、警戒感が強まります。ドル円も上値を抑えられそうで、107円台を維持することが出来るかがポイントとなりそうです。状況としてはやや厳しいところであり、一時的には106円台に入ってもおかしくないでしょう。リスク回避的な動きが意識されやすい状況と言えそうです。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. 週間相場分析(20200531)
  2. ユーロドル30分足
  3. ドル円30分足
  4. 東京市場概況
  5. ユーロドル30分足
  1. コラム

    米国の金融政策
  2. FX

    ユーロドル30分足
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    東京市場概況
  5. FX

    東京市場概況
PAGE TOP