FX

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの上限をバンドウォークする展開から調整の動きが入り、中心線を抜けて下限を目指す動きとなっています。上値の重い展開が継続しており、このまま下限まで下落する可能性が高そうです。バンドの下限がじり安となっており、バンド幅は緩やかに拡大しています。バンドの下限まで下落した際はバンドブレイクからバンドウォークも一応警戒したほうが良さそうです。ただ、バンド幅がそこまで狭いわけではないので、レンジ圏での動きとなる可能性のほうが高そうです。

RCIで見ると、短期線は下落してした懸念での推移です。下落の勢いが強かったので、あっさり底打ちといった動きになる可能性もあるでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れる動きです。まだ底堅い動きが意識される可能性はありそうですが、徐々に上値の重い展開となっていくのではないでしょうか。一時的には持ち直しても、戻り売りに上値を抑えられそうです。

関連記事

  1. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  4. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

最近の記事

  1. 東京市場展望
  2. 東京市場展望
  3. 東京市場展望
  4. 東京市場展望
  5. 東京市場展望
  1. FX

    ユーロドル30分足
  2. FX

    東京市場戦略
  3. 動画

    週間相場分析(20200531)
  4. FX

    ユーロドル30分足
  5. FX

    ユーロドル30分足
PAGE TOP