FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限から持ち直して中心線まで上昇したものの、そこでは抑えられて再度下限まで下落する展開となっています。下限をブレイクしてバンドウォークとなるかどうかに注目です。バンドの上限は横ばいからじり高であり、これの方向感が重要となっていきそうです。上限が上昇基調を強めればバンドウォークが意識されることになりそうで、下値を拡大しやすくなるでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇基調でプラス圏まで浮上したものの、腰折れしてマイナス圏に転じています。短期的には売り優勢の流れとなっています。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重い展開であり、短期線が下落基調を維持した場合は売り圧力が強まりそうです。

関連記事

  1. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  2. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動…

  3. FX

    東京市場戦略

    それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。まず昨日の動きで…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきま…

最近の記事

  1. ユーロドル30分足
  2. ドル円30分足
  3. 東京市場概況
  4. ユーロドル30分足
  5. ドル円30分足
  1. コラム

    仮想通貨(暗号資産)『リブラ』の今後
  2. FX

    東京市場概況
  3. FX

    ドル円30分足
  4. FX

    ドル円30分足
  5. FX

    ドル円30分足
PAGE TOP