FX

ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状はバンドの下限から持ち直し、中心線を抜けて+1σを目指す形となっています。バンドの上限は下落、下限は横ばいでの推移です。バンド幅は緩やかに縮小しており、レンジ圏での動きが意識されやすくなってきています。バンド幅が縮小傾向であり、市場にはエネルギーが徐々に蓄積されている状況となっており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇して高値圏に入っています。これがこの水準を維持することができるかどうかに注目です。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されやすく、短期線が天井打ちから下落となる可能性のが高いのではないかとみています。

関連記事

  1. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  2. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  3. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみてい…

  4. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  5. FX

    ドル円30分足

    ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

  6. FX

    ユーロドル30分足

    ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。…

最近の記事

  1. 東京市場展望
  2. 東京市場展望
  3. 東京市場展望
  4. 東京市場展望
  5. 東京市場展望
  1. FX

    ドル円30分足
  2. FX

    ドル円30分足
  3. FX

    東京市場概況
  4. FX

    ユーロドル30分足
  5. FX

    ユーロドル30分足
PAGE TOP